記事一覧

お誘いを断ってばかりだと、友達が減る(オーストリア)

最近、オーストリア人についてのネタが多いような気がしますが、不満というわけでなく、あるきっかけでふと「それある!」というのが重なっているだけですのであまり気にしないでくださいね。リンツに私同様15年以上住んでいる友人のブログに、オーストリアでは、頻繁に会わない=友達ではない という構図が成り立つ。という内容のものを目にしてから、「なるほど、そうかもしれない。あーわかる!!」と感じた。その理由は、主人...

続きを読む

前言撤回 ノープロブレム!

日本人特有のものなのか・・・・私は、これをやります。というようなことを約束したら、大抵は撤回せず、やり遂げようとする。それが些細なことであっても。私は、口にしてしまうと前言撤回が容易にできないタイプの人。なので、逆に予定が決まったらそれに向かって心を含め、準備がはじまる。オーストリアでは、その場その場の気分で発言する人が多く、昨日の発言が今日の行動と結びつかなくても、ノープロブレム Kein Problem !...

続きを読む

黙っている方がいい時もある

私の働いている会社は、海外取引をしているので、営業メンバーは半分以上外国人(オーストリア人ではない)とはいえ、住んでいるのはオーストリアで、社内も圧倒的に総数はオーストリア人が多い。きた当初から最初の5年は、オーストリア人の発言や行動をストレスに感じることが多かった。それ以降は、免疫がついたこともあり、やりすごせるようになった。と思っていた。対応の仕方が板についてきた、というか自分の中での処理方法...

続きを読む

あいつはカメだと言われたら、怒るべき?!

日本でも馬の耳に念仏、とか豚に真珠とか動物を比喩でつかいますよね。オーストリアでよく聞く表現。「er ist eine Turtle」 = He is a Turtle = 彼は亀だ 1日1回は聞く、とても使われる頻度のたかい日常的表現です(笑)どんくさい、愚か、おバカさん、というときに使われます。そういえば、私は口にしたことがない。けれど、意味もニュアンスもよく理解できていました。でもふと、日本では、ダメな人というとき「アイツは亀だ」...

続きを読む

社内、営業コンペの旅行でロドス島へ

オーストリア内の子会社と2社共同の営業コンペがあり、ロドス島(ギリシア)へ3泊で行ってきました。3泊といっても、出発は朝4時で、祭日を利用し、土日宿泊、帰国が月曜午前4時、そして8時から仕事というハードスケジュール。ロドス島へはいったこともなければ、友人が行った!という話もでたことがなかったので、どこにあるかもしらなかった。地理的にはトルコにとても近い。トルコ領だったことも、イタリア領だったこともある。...

続きを読む

ちょっとした駆け込み寺メール(笑)

顧客Cの件で、ミーティングお願いします。と新人君が私と彼の直属上司にメールが届く。トラブルの内容はしっていたので、15分後に、会議室へということで集合することにした。なぜかものすごく険悪な雰囲気でやってくる2人・・・(何事?)突然(彼にとって)直属上司が激怒し、それ以降会話にならないので私に仲介をもとめたらしい。直属上司の怒りにふれた原因は「指示があるまで顧客とコンタクトをとるなと言ったにもかかわらず...

続きを読む

退職する時に残すアドバイスとは・・・

3月末で、産休2名、退職1名合計3名が営業部を去りました。昨年新人を3名補充したので、大火事になることはありませんでした。それはそれとして。3名が同じ月に去る事になり、産休に入る2人は計画出産。本人なりに、仕事への踏ん切りがついたのだろうと思うし、もう1人は大学卒業後入社して4年目なので、そろそろ違う世界をと転職を考えるもの理解できる。変化は、新しい風を拭き入れるので、個人的にはとてもいい事だと思っていま...

続きを読む

自動販売機が成立する意味

きっかけは、取引先であるトルコ企業の担当者とのやりとりでありがたい日本びいきの彼が、「イスタンブールの橋工事建築中に、事故がおこって、負傷者はでなかったのだけど、責任者であった日本人が現地で自殺。その後原因は彼にはないことが判明。橋の建設は勧められ、なくなった日本人エンジニアの記念碑が建てられた」という話をメールで送ってくれ、添付された記念碑の写真をみて、私は泣きそうになった。そんな話は記憶になか...

続きを読む

お返しの文化がない国

旅行にいったら、親しい友人や会社の同僚にお土産を買って帰ることはたいていの日本人なら経験済み。この当たり前の文化・・・オーストリアでは「当たり前ではない」と17年目にして強く感じる。よく日本へ旅行する際、同僚にお茶やお土産を頼まれる。私は、いづれにしても何かかってかえらないと「気まずい」ので、必ずお菓子など買って帰るのですがそんなことするのは、二十人いる営業でも,私くらいだ・・・・。お茶やお菓子など...

続きを読む

営業部で商品の取り合いになる!

市場で欠品状態が続いている商品があり、其の事実は全員が周知している。その商品たちが「2ヶ月ぶりに来週入庫するよ〜」というアナウンスがあると、営業で「販売合戦」となり、全数独り占めする営業も数名いて「不公平感」がただよっていた。その後の入庫予定もわからないのに。多分気遣いする日本人の間では、「いわなくてもわかるでしょ」的な雰囲気で、自分のお客さんさえよければ!というエゴイストは少ないのだろうけど、こ...

続きを読む

ブログ内検索

プロフィール

あさこ

Author:あさこ
リンツ・オーストリア在住 +15年!!
10年前に感じた違和感が「普通」になってることも増えた。仕事では異文化の一言でかたずけたくない事もよくありますが、オーストリア人&日本人、習慣、食べ物、おみやげなどについて,リンツから配信しています。

リンツの週間天気予報