記事一覧

本音を引き出すには

営業実績報告会のような会議でなく、テーマがオープンな会議や打ち合わせの場合、参加者に「参加=発言」してもらうことが重要だと思っています。とくに議題がみんなで考えよう!というようなテーマの場合自由に発言していいわけで、多少脱線していても最後まで聞くことが大事なのだと思っています。たしかに、途中で「それは今回の議題と無関係だからあとで聞くよ」とおざなりにすると、発言した人のモチベーションは下がり不満と...

続きを読む

滅多に「謝らない」オーストリア人

日本では、とても頻繁に耳にする、謝罪の言葉。オーストリアでは、「意地でも言わない」と感じさせられるくらい、みな使わない。ちょっとしたミスでも、残念でした〜という意味でも「申し訳ありません」という日本人。1日に1度も使わない日本人は少なかろうと思ったりするほどよく耳にする。誤る、謝る(ごめんなさい、申し訳ありません、すみませんでした)に値する言葉が多いのかなと思ったりもする。和を重んじる、島国だから?...

続きを読む

ナイーブは決して褒め言葉ではない(ドイツ語)

決断が早く、言うことややる事が大胆だとストレスには強いイメージを持つものだ。けれど見えないところでは、ストレスに打ち負けることも多く、その姿を目にする機会が多い私。その人に「あなたは、大胆不敵に見せて&また周りからもそうみられているけれど意外とナイーブよね」といったら「失礼な!!!ナイーブなんて!ナイーブってどういう意味でいってる詳しく説明して?」といわれドイツ語でなんていうのかしらないけど、日本...

続きを読む

リンツでこんなに異文化に囲まれるとは・・・

オーストリアにきたのが2001年。日本とオーストリア===というだけでも「異文化」で戸惑うことがいまだに多いというのに、昨年の会社の合併で、本社フランスとなってからまた事情が複雑に(苦笑)さらに関連会社でイギリス・スペイン・ドイツが加わった。もともと、スペイン・ドイツにはグループ会社があったので、交流もあり、知ったる仲という感じ、さらにイギリスとも取引していたのでさして違和感はなかった。焦点はフランス...

続きを読む

距離感が欲しい

数多くの外国人と仕事をしているオーストリア人に、日本人の特徴=独特の距離感 があげられると言われたことがあります。その時も「そうだそうだ」と納得した。そして、部下のコメントや、上司の問いに「違和感」を感じることがある度に、「距離感」がそもそもの原因になっていることが多いことに今更ですが、心の奥底まで納得。だって「(日本の常識なら)そこまで踏み入らないエリア」に「一歩でずかっと入り込んでくる」相手は...

続きを読む

お誘いを断ってばかりだと、友達が減る(オーストリア)

最近、オーストリア人についてのネタが多いような気がしますが、不満というわけでなく、あるきっかけでふと「それある!」というのが重なっているだけですのであまり気にしないでくださいね。リンツに私同様15年以上住んでいる友人のブログに、オーストリアでは、頻繁に会わない=友達ではない という構図が成り立つ。という内容のものを目にしてから、「なるほど、そうかもしれない。あーわかる!!」と感じた。その理由は、主人...

続きを読む

前言撤回 ノープロブレム!

日本人特有のものなのか・・・・私は、これをやります。というようなことを約束したら、大抵は撤回せず、やり遂げようとする。それが些細なことであっても。私は、口にしてしまうと前言撤回が容易にできないタイプの人。なので、逆に予定が決まったらそれに向かって心を含め、準備がはじまる。オーストリアでは、その場その場の気分で発言する人が多く、昨日の発言が今日の行動と結びつかなくても、ノープロブレム Kein Problem !...

続きを読む

黙っている方がいい時もある

私の働いている会社は、海外取引をしているので、営業メンバーは半分以上外国人(オーストリア人ではない)とはいえ、住んでいるのはオーストリアで、社内も圧倒的に総数はオーストリア人が多い。きた当初から最初の5年は、オーストリア人の発言や行動をストレスに感じることが多かった。それ以降は、免疫がついたこともあり、やりすごせるようになった。と思っていた。対応の仕方が板についてきた、というか自分の中での処理方法...

続きを読む

あいつはカメだと言われたら、怒るべき?!

日本でも馬の耳に念仏、とか豚に真珠とか動物を比喩でつかいますよね。オーストリアでよく聞く表現。「er ist eine Turtle」 = He is a Turtle = 彼は亀だ 1日1回は聞く、とても使われる頻度のたかい日常的表現です(笑)どんくさい、愚か、おバカさん、というときに使われます。そういえば、私は口にしたことがない。けれど、意味もニュアンスもよく理解できていました。でもふと、日本では、ダメな人というとき「アイツは亀だ」...

続きを読む

社内、営業コンペの旅行でロドス島へ

オーストリア内の子会社と2社共同の営業コンペがあり、ロドス島(ギリシア)へ3泊で行ってきました。3泊といっても、出発は朝4時で、祭日を利用し、土日宿泊、帰国が月曜午前4時、そして8時から仕事というハードスケジュール。ロドス島へはいったこともなければ、友人が行った!という話もでたことがなかったので、どこにあるかもしらなかった。地理的にはトルコにとても近い。トルコ領だったことも、イタリア領だったこともある。...

続きを読む

ブログ内検索

プロフィール

あさこ

Author:あさこ
リンツ・オーストリア在住歴19年
以前感じた違和感が「普通」になってることも増えた。仕事では異文化の一言でかたずけたくない事に悩まされたり悩ましたり。オーストリア人&日本人、習慣、食べ物、おみやげなどについて発信中です。

リンツの週間天気予報