記事一覧

VERDI ヴェルディ(レストラン)

念願のオーストリアでもトップクラスにはいるリンツのレストランVERDIに2年ぶりに親しい友人(香港からのお客様)と行ってきました
彼女はタバコを吸わないので(Verdiはレストラン全席禁煙)問題なし。



Verdi は郊外の小高い丘の上にぽつんとあり、知る人ぞしるという特別感も伴い、道中期待感が高まるレストランである。

夏は外のテラス席からリンツ街中の夜景を楽しめることができて、席数がぐんと増える。

私たちが行ったのは平日水曜日の7時半。
もちろん予約していきました。

まず最初に飲み物「アルコール抜きのカクテル」を注文。

その後パンとパンに塗るペーストが2種類出され、
さらに前菜の前とメインの後には
シェフからのご挨拶という名の少量の料理/デザートがだされる。

こんな順番でもてなされます。
 
パンとペースト2種類→シェフからのご挨拶プレート
→前菜 マグロとマスのカルパッチョ味噌和え 
→メイン サーモン&リゾット
→シェフからのご挨拶デザート

シェフからのご挨拶プレート(海老の串焼きとカボチャスープ、もうひとつは忘れました)


メイン Alpenlachs(アルペンラックス=サーモン)
verdi00


※この Alpenlachsというのは、オーストリアでとれるサーモン(淡水)。インターネットで調べると、このAlpenlachs(アルペンラックス)は商標登録されていてブランド化されてるみたいだ。自然に近い環境で養殖されており栄養価も品質も高いとのこと。


どちらかというとお肉派の友人は「おいしい!メインは魚料理をたのんでよかった」
と喜んでくれました(^^)

そして、私の頼んだメインのサーモン・・・正直たいして期待していなかったのです。だってサーモンってだいたい想像がつく味じゃないですか?

ところが期待をうらぎり、超美味でした!
こんなサーモン食べた事ありません。

サーモンは特有のあの臭みがまったくないことにまずおどろき。
蒸し焼きしているせいかさっぱりぷりぷりしていて添えているリゾットと相性ぴったりでペロッと食べちゃいました。

ケルナーのサービスも行き届いており、インテリアや雰囲気もさすがと思わせるレストランです。

もちろん味は保証付き、オーストリアで10位以内に入るレストランとして選ばれるだけのことはある!

そのうちミシュランにも載るんじゃないかなぁ。

定番メニューだと思われるラムもおすすめです。
今まで食べたラムのなかで一番おいしかったことを思い出しました。

※レストランのお客さんは仕事での接待客またはお祝い事というケースが
目立ちみなさんわりとおめかしされています。

そして、行く際は予約をおすすめします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

プロフィール

あさこ

Author:あさこ
リンツ・オーストリア在住 +15年!!
10年前に感じた違和感が「普通」になってることも増えた。それでも異文化の差でうけるストレス解消が大事だと実感。きた時からずっと同じ職場でドイツとは全然違うオーストリア人、習慣、食べ物、おみやげなどについて,リンツから配信しています。

リンツの週間天気予報