記事一覧

となりの妊婦さんはやかましい

社内で引越があり、席替えがあり、私のとなりは妊婦さん。

私は、彼女の仕事の引き継ぎを少しずつおこなっているのだが、相当やかましい。

大きな声で怒鳴ることもあるし、かといえば1日に何度も「おなかすいた」とうるさい(苦笑)

営業一筋でがんばってきた仲間なので、尊敬の念もあるし、かなわない部分もある。
プライベートでもたまに家に遊びに行ったりしていた仲です。

今も彼女にたいして敵意は全くありません。

それにしても・・・ いちいち 声がでかい

集中できない!

ありえないというほどうるさい。

さらに『まわりが見えない」から、自分がどうなのか客観的に判断するのが苦手。
自分でも、「私はその辺不得意だから、気がついたことがあったら言ってよね」といわれている。

けれど、
席替えして、1ヶ月。
最近思うのです。

彼女は、もしかしてわざと「大きな声」で「出来事を強調」することで、
「私はまちがってない」もしくわ「私にさからうべからず」てなことを
アピールしているのかもしれないなと思うようになった。
毎回がそうではないにしても、意識的か、「そうすることが効果的」だと思っているのはまちがいない。

かなり威圧的なのです・・・
そういうマネージャー役を演じてるかもしれない。

感情的になりやすいタイプということも、熱くなることも関係しているのでしょうが。

けれどにはそんなマネできない

私はどんなタイプなのか?

あまり深く考えた事なかったけど、
少し前に参加したセミナーの「ハスキー犬 いぬぞり」セオリーがよみあげる。
それぞれの持ち場に課せられた役をこなさなければ、そりは前に早く走らないというやつ。
リーダー犬は最も後ろにいる。

つまり、全体を把握し、問題を解決すること。かな。
まずは「全体を把握」することですね。
QCでいう、現状把握。

自分の中でも

毎日、
一方が「そんなんでいいの?」 もう一方が『それでいいんだよ」
とさまざまな場面で葛藤があります。

孔子曰く、四十にして「惑わず」

年齢的にはパスしてるけど、実際はほど遠い・・・

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

プロフィール

あさこ

Author:あさこ
リンツ・オーストリア在住 +15年!!
10年前に感じた違和感が「普通」になってることも増えた。それでも異文化の差でうけるストレス解消が大事だと実感。きた時からずっと同じ職場でドイツとは全然違うオーストリア人、習慣、食べ物、おみやげなどについて,リンツから配信しています。

リンツの週間天気予報