記事一覧

18才の見習い研修生が営業部に

先日から、半年間 倉庫で見習い(ドイツ語で LEHRLING ) として研修をした18才、2名のうちに1名が営業部に配属されました。そして私の隣に座っています。

彼女は18才、言語はドイツ語、英語。
他の社員同様、通常の就労条件 週:38、5時間勤務します。

彼女の場合、席は学校にあるが、単位は取っているため、卒業試験の準備をすればいいというようです。

彼女に対する、事前の評価があまりよくなかったので「乗り気」ではなかったのだけど、
実際に話をして、仕事を教えていると、おとなしいけれど、要点を理解する力もあり、なんでもかんでも聞くタイプではなくできれば自分で解決したいタイプ(内向的?)

「あれっ」と思う事は、あるけれど、よく考えたら18才 社会の常識はわかっていない。

私が18才のとき、たまに母のお店の受付などのお手伝いをしたが、やる気がなく
もちろん社会人と同様の応対はできなかった。
先のことを考えたり、気遣いなど全然できなかったはずだ。

と考えると、社会人として、
赤ちゃんレベルだと認識し、やる気を保ってもらえるよう、根気よく・・接しないとだめなのだなぁ。

半年後どのように変わるのか楽しみになりました。

卒業して、弊社に入社するという可能性も残されているので、この半年間で大きく成長してほしいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

プロフィール

あさこ

Author:あさこ
リンツ・オーストリア在住 +15年!!
10年前に感じた違和感が「普通」になってることも増えた。それでも異文化の差でうけるストレス解消が大事だと実感。きた時からずっと同じ職場でドイツとは全然違うオーストリア人、習慣、食べ物、おみやげなどについて,リンツから配信しています。

リンツの週間天気予報