記事一覧

偉そうにもほどがある・・it is not my problem

支払い能力もあり、毎月の売上も比較的安定している、取引先とのやりとりで

その言い方、すごいカチンときた・・という出来事があった。

そのお客様とは、出荷金額を決め、弊社入金確認後、荷物引き取り業者(先方手配)に荷物を渡す
という取引

普通だと、午前中に「送金したよ」という連絡があり正午には「入金確認できました」となる

が今回は、正午すぎてから「送金したよ」と連絡が入った。
そして、入金確認までにいつも以上に時間がかかった。

倉庫からは「引き取りトラック来てるけど入金は?」と再三確認の電話があり、
経理には10分刻みで入金確認をしてもらい・・・
タイムリミットが近づいたところで、
「いまだ入金未確認です。このままだと本日荷物の引き渡しができないかもしれません。」
と伝えると

「金額は既に、私の口座から引き落とされている。だからそちらの銀行の問題だ。
it is not my problem
と逆ギレされた。

その言いグサうそでしょ?!と思ったが、
言い争っても仕方ない。
相手は社長さんで、思い通りにすすまないと、そういう発言をすることがたまにある。

それにしても、
入金が、時間に間に合わないのは、うちの会社のせいではない。引き取りができずに困るのはお客さん側。
なのにその言い方・・・。

結局、4時を過ぎたところで入金確認がとれ(倉庫の就業時間は4時まで)ぎりぎりセーフで引渡完了。
ほっとした。

私は普段、感情的にならないように・・と部下に言ってる、クールな日本人だが、
今回は翌日も思い出すほど腹立たしかった。


そして、新たな引き合いの見積もり価格は、私の感情を反映したのか、少し辛めになっている(笑)
しょうがないよね、人間には「感情」があるんだから。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

そうなんです。海外取引では、支払いでごねるお客さんは大勢いらっしゃいます(笑)
この場合は、着金確認後の引渡という条件ですから、着金確認が時間内にできなければ、引渡不可。
というだけのことでうちには非はありません。時間におわれるとお互いプレッシャーなので双方イライラしていたのでしょう。

どういう言い方をされても、ダメなのもはダメなんですが、言い方一つで印象がかわるので、私も気をつけようと思いました。

こういう時、日本だと、「いや〜、申し訳ない、こちらがいつもより遅く振り込んだので、なかなか反映されていないんじゃないかと思うけれど、何とか今日中に出荷してもらえると助かるんだけど、何とかして頂けないかな、お願いしますよ」みたいに、ちょっと情に訴えて言うかしらね? 

でも、それは企業間でアブナイですね。

こちらだと、とにかく屁理屈でも理詰めで
私に非はなくて、確認できないのは、そちらの非で、そうであるならば、当然、私は今日中に品物を受け取れるべきだ、と、こうなるんでしょうか?

午前中に振り込まなかったのが敗因なのだからゴリ押しですね。以前にもこういう社長さんのお話があったような気がしますが、、、

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

プロフィール

あさこ

Author:あさこ
リンツ・オーストリア在住 +15年!!
10年前に感じた違和感が「普通」になってることも増えた。それでも異文化の差でうけるストレス解消が大事だと実感。きた時からずっと同じ職場でドイツとは全然違うオーストリア人、習慣、食べ物、おみやげなどについて,リンツから配信しています。

リンツの週間天気予報