記事一覧

こだわりのGrune Erde(オーストリア発)・・・

オーストリア発のブランド GRUNE ERDE (訳すと 緑の土)

日本には上陸。 素材厳選 + 手作り で高品質です。


Gruneerde_05.jpg

リンツにもお店がありますが(ウィーンにも)、インターネットショップから購入可能です。
オーストリア発のブランドで、なんとなく、自然派志向のオーストリア企業だと思っていた程度で
この記事をかくにあたり、ホームページをみて、評価が上がりました。

Gruneerde_09.jpg

GRUNE ERDE 

○ 取扱 :雑貨、家具、食器、化粧品、洗剤など

○ 特徴 :厳選素材(有機無農薬・自然のもの・地元産)を用い、大切に全て手作り。

○ 原産国:90%以上が MADE IN EU

材料、素材、生地を購入する際、どこのものか、それがどういう環境でどういう労働者によって製造されているのか などなど・・・ 細かいところまでこだわり、その上で仕入先を決定しているようです。

価格、質だけでなく、自然、環境に配慮していること従業員の労働環境なども選定の上での大きな条件になているようです。感心、感服~


家具もここでそろえれば、コーディネイトしやすいでしょうし、

なにより 素材厳選で、大切につくられています。

身近で育つ木からつくられた家具との暮らし、というのは本来あるべきすがたですよね。


この会社(GRUNE ERDE/オーストリア)が しっかりしたポリシーを実際に実行しているのであれば
本当にすばらしいです。


家具類は、ベッドからイスまでさまざまなものをそろえていますが、カナダやシベリアなど遠いところから
資材を輸入するのではなく、

オーストリア産または輸送距離が短い場所のものを利用。

こういったこだわりが、日本未上陸の理由なのかもしれないという気がしてきました。

他にもこういった会社はあるのでしょうが、同じものを買うならば、
姿勢を正している会社から買いたいと思うし、これからも伸びていってほしいと思います。
こういう会社の株を持ちたいものです・・・なんて、でも夢がありますよね~


Gruneerde_12.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

プロフィール

あさこ

Author:あさこ
リンツ・オーストリア在住 +15年!!
10年前に感じた違和感が「普通」になってることも増えた。それでも異文化の差でうけるストレス解消が大事だと実感。きた時からずっと同じ職場でドイツとは全然違うオーストリア人、習慣、食べ物、おみやげなどについて,リンツから配信しています。

リンツの週間天気予報