記事一覧

トルコ人がオーストリアで結婚式

トルコ人同士の結婚式によばれて行って参りました。

インドもそうでしたが、イスラム系の方達の結婚式はとてもおおがかりで招待客が半端じゃありません。今回は、オーストリアに住むトルコ人カップルの結婚式で、聞くところによると1000人くるとか。

両親の代からオーストリアに住んでいるというトルコ人でも、イスラム文化を守り、トルコ人同士の交流がとても盛んなようです。聞いてはいたけど、そこまで「トルコ人社会」がオーストリア・リンツで確立されているとは驚きです。
トルコ人が1000人集まるだけでも「わぁ〜!!」って思っちゃいます。

彼女と彼は付きあいだして2年弱だそうです。二人とも規律をまもり、
二人で夜を過ごすのは、結婚式の夜が最初。

同棲などで少しずつ相手を知るという助走ステップをふまずに、
結婚を機に
リアルな二人一緒の生活がいっきにスタート

実際戸惑う事
も多いんだろうなぁ。

結婚式の話にもどりますと、
トルコの結婚式では何をおいても「ダンス」がとても重要なのだそうです。

とにかくみんな踊ってくださいといわれました。
そしてお祝いは、「金」「現金」ということになっています。

招待状には、開始16時、終了24時とあり、私たちは16時半頃到着。会場は、ちょっとした展示会がひらけるようなスペースで、真ん中に舞台がありバンドがスタンバイしていました。

あなたたちのコンサート会場なの?!というくらいに、「大声音」
会話などせずに、踊ってくれ!ということなのか。

テーブルには、ソフトドリンクのボトルとおつまみのナッツ。イスラムではアルコール禁なので、みんなひたすらミネラルウォーター・コーラ・ファンタなどのソフトドリンクを飲んで、ナッツをつまみ雑談。アルコールの出ない結婚式は「初めて」だわ。
当然、酔っぱらっている人はいません(笑)

花嫁・花婿が登場したのは午後6時半ごろ。
彼女はとてもスタイルがよく美人さんなので、まるでモデルのようです。

dka_1.jpg

dka2.jpg

ダンスといっても、男女別々で踊る事が多かったです。
輪の中心が花嫁で、独りずつ輪の中にはいり花嫁と向き合ってダンスをします。一周したら、次の人が輪に入るというような感じで、ダンスを通してちょっと会話しているような感じでしょうか。

ダンスの間も、トルコミュージックが大きく鳴り響き、意味はわからないけど、ちょっと演歌のようなコブシが感じられましたよ。

食事(チキンのシュニッツエルか白身魚のフライ)や飲み物(ソフトドリンクのみ)にはお金をかけず、

とにかく大勢で踊る! 
というのがトルコ風結婚式の特徴のようです。

参加した人の99%はトルコ人、お給仕する人もトルコ人、演奏者もトルコ人とトルコ人だらけで、異国にすんでいてもすごい「絆」だなぁと改めて思いました。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

プロフィール

あさこ

Author:あさこ
リンツ・オーストリア在住 +15年!!
10年前に感じた違和感が「普通」になってることも増えた。それでも異文化の差でうけるストレス解消が大事だと実感。きた時からずっと同じ職場でドイツとは全然違うオーストリア人、習慣、食べ物、おみやげなどについて,リンツから配信しています。

リンツの週間天気予報