記事一覧

Dry Aged Beefってなんだ?(オーストリア)

リンツのMERKURというスーパーで、目に付いた「Dry Aged Beef」
driedbf.png


28って書いてあるから、28日間寝かしたという肉かなぁと想像しながら物色していると
この「写真」もそうだけど「熟成」という単語にもつられ、
そういえば「牛肉」が食べたい気分になり、試しに買ってみました。

DRB.jpg 

結構いいお値段です。1キロ 39.50 EURO =4200円!!
国産牛肉、28日熟成だから仕方ないかな。
私が買ってみたのは、Rumpsteak 300g 11,99EURO

素直にステーキにしてみようと思っています


家にかえって、企業情報や熟成肉についてお勉強!
1954年設立、1999年VIVATAS Holding に合併され、現在に至る。
牛肉だけではなく、豚肉、鶏肉、パスタ、バーベキューセットなども取り扱っています。リンツには直営店がないから、知名度が低いのかしら?それとも私が知らないだけ?!

気になる熟成方法ですが、
骨付きの状態で 室内温度3度湿度80%28日間 
典型的なドライエイジングの熟成方法のようです・合格


そもそも、肉の熟成方法には2種類あります:私はもちろんしりませんでした

ドライエイジングー骨付きの大きな部位のまま、温度1℃~3℃、湿度60%~80%で常に肉の廻りの空気が動く状態を作り、そのまま20日~時には2ヶ月

ウエットエイジングー肉の乾きをおさえた状態でのエイジング方法で、布で巻いたり、真空パックなどの状態のまま、0℃~2℃の低温で15日~25日程度ねかせます。一般的な冷蔵庫でも可能なので知識さえあればチャレンジしやすい熟成方法です。


このメーカーは
ウィーン、グラーツ、サルツブルグなど6カ所にあり、リンツには直営店なし。
でもMERKURで買えますよ〜。
driedbfmp.png


また一つ、お勉強したのでした(笑)


Karnerta GmbH
Südring 334
9020 Klagenfurt
T +43 463 35153-0t


関連記事
スポンサーサイト

コメント

Kenwan様

ご無沙汰しております。ドライビーフの味は「満足」でしたよ。ステーキの要領で焼き、オーブンで保温し、かたまりのまま焼きました。そして食べる前に薄切りにして、ミディアムレアくらいな状態で、わさびじょうゆでいただきました。やわらかく、繊維っぽくなくて歯ごたえもよく、味もまろやかでした。忘れてましたが、オーストリアは牛肉王国でしたね。

あさこさん、こんばんは!
さすがにお肉については、いろいろ工夫しているのですね、オーストリア。
私も全然知らなかったことで、どうも有難うございます。
それで、気になるお味は、いかがでしたか?

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

プロフィール

あさこ

Author:あさこ
リンツ・オーストリア在住 +15年!!
10年前に感じた違和感が「普通」になってることも増えた。それでも異文化の差でうけるストレス解消が大事だと実感。きた時からずっと同じ職場でドイツとは全然違うオーストリア人、習慣、食べ物、おみやげなどについて,リンツから配信しています。

リンツの週間天気予報