記事一覧

面倒くさいのはどっちか?

 仕事で、グループメールに一斉送信することがたまにあります。

同様にグループメールを受信することもあります。

そして、たんなる copy (C/C) の人が数秒以内に全員に返信することもあり、
いまだに「びっくり」することが多い。
私には、「これって全員が知らなくちゃいけない内容か?みんな忙しいから情報は有意義でなければ」
など考えた上で全員返信しますが、
「全員返信」にそんな気を使わない人も多い。

社内(オーストリア)だけでなく、
取引先(他国)でも、購買担当者・経理担当者・入庫管理担当者がどんどんやりとりにはいってきます。

それでその後も、ディスカッション的に取り巻きの人たちでメールのやりとりがつづきます。

状況を把握する必要があるので一応目をとおさないといけないのですが、
だからなに?っていう内容が多いので「面倒」だとも思いますが「表裏がない透明性」も感じます。
相手がどう考えているか非常にわかりやすい。


自分の意見をとりあえず後先&まわりのことを考えず『いち早く述べる』
これは育った環境のなせる技。でしょうね。


私は当然早いほうではなく、
かねて連名の場合は「真っ先に返信するのは、絶対私ではない(笑)」
どちらかというと「最後の一人」の場合が多い。


とりあえず「できもしないこと言えない」慎重派タイプでもあり、
現状・問題点・先のプロセスなど考えがまとまらないと、発言できない。


こういう人たちの中にいると、
私の性格が「考えすぎる・面倒くさいタイプ」のような少数派のような気がしてきます。
いまさらですが・・・。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

プロフィール

あさこ

Author:あさこ
リンツ・オーストリア在住 +15年!!
10年前に感じた違和感が「普通」になってることも増えた。それでも異文化の差でうけるストレス解消が大事だと実感。きた時からずっと同じ職場でドイツとは全然違うオーストリア人、習慣、食べ物、おみやげなどについて,リンツから配信しています。

リンツの週間天気予報