記事一覧

プリンがおいしくできました

日本では、コンビニでもケーキ屋さんでもかならずある「プリン」オーストリアではメジャーではありません。
随分前ですが、会社にもっていったところ、まったく不人気でした。
プリンを食べた事が無い人もいるくらい・・・知名度低し

なのでそれ以来つくることもなかったのですが、母が「プリンをつくる」というのをきいて急にたべたくなりレシピをしらべていたところ・・・「圧力鍋でつくるプリン」というのに興味をひかれつくることに。
(NHKで圧力鍋でつくるカスタードプリンが紹介されたというのもネットでしりました)

プリンって、卵と牛乳に砂糖というたった3つのシンプルな材料しかつかっておらず、オーブンもつかわないからわりと手早くできるんですね。そして初・圧力鍋プリンは大成功!
(作り方のこつは、泡をたてないように材料をしっかり混ぜ合わせる。裏ごしする。最後泡を取り除く)

pudding1.jpg



気になる圧力鍋での蒸し方は:
1)圧力鍋に水をいれ、蒸し器セット、プリン容器を並べる。
2)蓋をし、中火にかけ、蒸気口から湯気がでて+圧力ピンがあがりそうになったら火を止めて10分。
※圧力ピンがあがりそうになったらただちに火を止める!というのがポイントです。 
3)蓋をあけて冷蔵庫で冷やす。
私は、2)の前に蓋をせず火をつけ、蒸気がでてきたら蓋をしました(圧力鍋でご飯を炊く時同様)

pudding2.jpg

食べてびっくり、なめらかでふわっとしてて感動の美味しさでした。

私の使ったプリンレシピ:小さな容器5個分
卵液
全卵 3個 
卵黄 2個

砂糖 70グラム(甘さ控え目なら55グラム)
牛乳 300CC (人肌に温めたのち、砂糖を混ぜとかす)
(好みで生クリーム適量)
バニラスティック・またはバニラエッセンス

A)全卵+卵黄 を泡立てないようにまぜる。
B)人肌にあたためた牛乳+砂糖を少量ずつ卵に加え、ゆっくりまぜる。
生クリーム、バニラエッセンスを加えるならココで
C)裏ごしし、滑らかにする(液体に泡がのこっていたらキッチンタオルなのでとりのぞくと良いです)

ーーーーーーーー
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

プロフィール

あさこ

Author:あさこ
リンツ・オーストリア在住 +15年!!
10年前に感じた違和感が「普通」になってることも増えた。それでも異文化の差でうけるストレス解消が大事だと実感。きた時からずっと同じ職場でドイツとは全然違うオーストリア人、習慣、食べ物、おみやげなどについて,リンツから配信しています。

リンツの週間天気予報