記事一覧

アスパラって茹でないとダメなの?(オーストリア)

前から思ってた疑問:アスパラガスは太さ・色に関わらず下ゆでしないとだめなのか?

日本にいたころは、庭にアスパラが生えていた(母が栽培していた)こともあり、細いアスパラは下ゆでせず油で炒めるなどして調理していた。
オーストリア・ドイツのアスパラはその何倍も太いという違いはあるが、下茹でマスト must ?

細身のアスパラを1キロ買い込んだものの・・・ゆでたくないなぁ・・・という思いにかられていた。生でかじってもしぶみとかイガミがないので「ゆでなくていいんじゃない?」という思いが強くなるものの確信がもてず
ネットで調べてみた。

私はこの記事で、今後はアスパラ下茹で不要 路線( ̄^ ̄)ゞでいくことにきめました。

彼の説からいくと、アスパラは人参同様ゆでる必要なし。
アク抜き不要で水溶性のアスパラは人参グループらしい・・と納得した次第。
それにしても
うわっ かなり嬉しい(笑)

これで心置き無く、ゆでずに調理できる。

ということで今日は、ほぼ1キロを、
玉ねぎ・しいたけと軽く痛めたあと
以前の作り置き菊芋スープベースを加え
とろとろのアスパラスープにした。
これならアスパラの栄養も風味もまるごと味わえるし、
ファイトケミカル期待

普段アスパラがでると「文句をばかりいう主人」
ですが、アスパラスープには苦言なしでした(笑)目に見えないと許せるみたいです。

Everybody happy な結末になりました(万歳)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: No title

はい、グリーンアスパラです。そうでしたか!ほうれん草のようなアクを含んでるのかと思ったけどそうではないようでした。なので最近はジュースに季節限定で活用しています。主人はアスパラ料理を自ら注文することはありません・・・珍しいのかな?!日本人にとっては貴重な食材ですよね。

No title

これって、グリーンアスパラですよね? グリーンアスパラの細いのなら、私も下茹でせずに、使います。細い人参のように生では、さすがに囓りませんが(笑)
でも、白アスパラは、太いのがやっぱり美味しいですよね。ご主人は、こちらの方にしては珍しくアスパラがお嫌いですか?

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

プロフィール

あさこ

Author:あさこ
リンツ・オーストリア在住 +15年!!
10年前に感じた違和感が「普通」になってることも増えた。それでも異文化の差でうけるストレス解消が大事だと実感。きた時からずっと同じ職場でドイツとは全然違うオーストリア人、習慣、食べ物、おみやげなどについて,リンツから配信しています。

リンツの週間天気予報