記事一覧

苺ジャムの季節です(オーストリア・オーガニックジャムレシピ)

この時期になると、スーパーで手作りジャム
(ドイツ語では ママラーデ mamalade )用の関連商品が売られる。
容器・ゼラチン入り砂糖(果物100に対して、30のお砂糖が一般的だと思う)などがそれらの代表。

最初は、お手軽でよくつかっていたのだけど、
自分でつくるなら、できればオーガニックがいいということでさがしてみたところ。
数年まえから私はゼラチン入り白砂糖でなく、
Dennsでみつけた、お助け Konfitüre を使っている。
(biobegan.de)

2017060516551498c.jpg

Konfiture に含まれているのは
Kartoffelstärke*(ジャガイモ片栗粉), Pfeilwurzmehl*, Geliermittel (Agar-Agar*寒天, Pektin ペクチン).
原産国:オーストリア

でも原産国がオーストリアというのはなんだか安心できる。

ゼラチンの代わりに、寒天と片栗粉で固めるという感じですね。日本なら葛を代用してもいいですよね。

うちの苺+ルバーブジャムはこんな感じです。

20170605164129cd6.jpg

私のジャムは、だいたい3ヶ月以内にたべきるのでお砂糖控え目です。

レシピ
イチゴ+ルバーブ =1キロ
Roher zucker( 茶色いお砂糖)150-180g
Zitronensaft (レモン汁)3-4EL (大さじ3-4)
Konfiture 4EL (大さじ4)

作り方
以上の材料を上から順にまぜ、15分くらいおき。水分が少しでてきたところでミキサーにかけます。粒々を残したい場合はその分だけべつの容器に取り分けておく。そして、厚手の鍋にうつし10分程度弱火の中火で(若干ふつふついうくらい)火を入れて、速やかに熱湯消毒した瓶にいれて蓋をする。「完成」
+冷蔵庫保存しています。

なお、メーカーサイト(biovegan.de)ではいちごジャムのレシピが掲載されていますのでご紹介します。

Zutaten:
500 g einwandfreie Erdbeeren, 100 g Rohrohrzucker, 16 g Konfitura, 2 EL Zitronensaft oder 1,5 g Zitronensäure, 3 g Bourbon Vanille.

ちなみに、私はここのベーキングパウダーも常備しています(笑)

20170605174020c1f.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

プロフィール

あさこ

Author:あさこ
リンツ・オーストリア在住 +15年!!
10年前に感じた違和感が「普通」になってることも増えた。それでも異文化の差でうけるストレス解消が大事だと実感。きた時からずっと同じ職場でドイツとは全然違うオーストリア人、習慣、食べ物、おみやげなどについて,リンツから配信しています。

リンツの週間天気予報