記事一覧

目ばちこ(ものもらい)で薬局へ

「目バチコ(ものもらい)」になった。

買い置きの目薬がないし、早めに目薬をさしたほうがいいはず。
オーストリアでは、薬局は8時開店なので、
一旦出社してから8時過ぎに薬局へ走った。

オーストリアで目薬買うの初めて

同僚に、「目がかゆくて腫れてるから薬局いってくる」というと、
あまり薬局には縁のない私に、数名がアドバイスをくれる(嬉)

いつも親切な2児の母 Tちゃん
「アレルギー?うちの娘はアレルギーで、軽い症状のときは、ビタミンEのクリームを塗るとひどくならくていいのよ。後はカモミールティパックも効果あるみたいよ」

なるほど・・・

カザフスタン出身のNちゃんは、
「うちのおばあちゃんは、温めたウォッカ(スポンジにひたしてまぶたにのせてくれた。お母さんは使用後のティーパックを目に当てる」

ウォッカは、消毒の効果があるんだろうね〜 やっぱりロシア圏!

そして薬局へ行く。
聞かれたのは「アレルギー?かどうか」

そして違うと思う

と答えると、勧められた目薬はこちら:
WELEDA " Euphrasia D3" 11.90EURO. (10ml)



保存料が含まれていないため、
開封後の使用期限は3ヶ月。

そして、会社に戻って買ってきた目薬を見せると、「WELEDA ね、それなら安心よね」
といわれ、さっそく使ってみると・・・

日本の目薬にありがちな「すっとする感」はなく、
目にしみることもなく、効き目は緩やかなような。
2日目にして、ちょっとおさまってきた。

ただの「ものもらい」なのに、
気にしてくれて、話題になってしまう
平和な営業部でした。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

プロフィール

あさこ

Author:あさこ
リンツ・オーストリア在住 +15年!!
10年前に感じた違和感が「普通」になってることも増えた。それでも異文化の差でうけるストレス解消が大事だと実感。きた時からずっと同じ職場でドイツとは全然違うオーストリア人、習慣、食べ物、おみやげなどについて,リンツから配信しています。

リンツの週間天気予報