記事一覧

Amazon.de でフットバス購入

足が冷えるということは百害あって一利なしという感じ。足が冷えやすい、むくみやすい人にはおすすめの足湯。
心臓から遠い位置にある足。血液循環量が減少すると、足の血流を低下させ、老廃物が溜まり安く、むくみます。

そこでフットバスかいました。

お世話になったのは、やっぱりアマゾン。
選択基準は、温度調節ができること、取り扱いが簡単、余計な機能はいらないの3つ

買ったのはこちら
Beurer FB 50 Fußbad, mit Fußreflexzonenmassage, Pediküre-Aufsätzen und Wasserheizung
201801211823239d7.jpeg

お湯を入れての持ち運びが重いので、車輪がついてればなーと思いますが(笑)温度も35度ー48度まで選べるし、バブルもでてくるし、足つぼ刺激するローラーも気持ちがいいのでとても気に入りました。

あの時「欲しい!」と思って注文したものの、
届いてみると、たしかにいいんだけど、「その効能って?」と興味がわきしらべてみた。

:足湯の効能:

下半身の血液循環改善
+ 血流促進
+ 腹部内臓の血液循環を改善

肝臓を効率良く働かせる

足湯は、体をあたためます。30分してるとその後も体がポカポカしています。

通常肝臓では、体熱を発生させる仕事をしている(初耳!)。
足湯で体が温めることができれば、発熱の仕事が減り、それ以外の肝機能に余力ができる。
その余力で・・・それ以外のお仕事に励める。

それ以外のお仕事とは、
+体内の老廃物の解毒
+免疫細胞へのエネルギー供給
+脂肪などの栄養素の分解
+蛋白質の合成

冷えにより、足の血液循環が減少すると腹部内臓の血液の流れにも影響し、内蔵の機能低下を起こす。
足の血流がよくなれば、内臓の血流もよくなるというしくみらしい。当然といえば当然ですが、今日のこの日まで考えが及びませんでした。

さらに、冷えが原因の膝や関節の痛み(下半身)は足湯が効果的ともいわれています。

私の中で、
テレビをみながらでも足湯をし、「肝臓、内臓のお手伝いをする!」というイメージができました。
(でました、目標設定!?)

私は、何のためにそれをするかということに納得すると、継続するタイプなのですが、
主人は全く違うタイプ。足湯の効能をしると、彼にもしてほしいという思いが強く、
私の今回のサブ目標は主人に週3回 (38度、15分程度)させること(笑)
としました。

どうなることやら・・・

足湯は、免疫力を上げるという説もあり、
体のもつ底力をアップしてくれる古来からある万能治療ともいえるのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

プロフィール

あさこ

Author:あさこ
リンツ・オーストリア在住 +15年!!
10年前に感じた違和感が「普通」になってることも増えた。仕事では異文化の一言でかたずけたくない事もよくありますが、オーストリア人&日本人、習慣、食べ物、おみやげなどについて,リンツから配信しています。

リンツの週間天気予報