記事一覧

ちょっとした駆け込み寺メール(笑)

顧客Cの件で、ミーティングお願いします。
と新人君が私と彼の直属上司にメールが届く。

トラブルの内容はしっていたので、1
5分後に、会議室へということで集合することにした。

なぜかものすごく険悪な雰囲気でやってくる2人・・・(何事?)

突然(彼にとって)直属上司が激怒し、
それ以降会話にならないので私に仲介をもとめたらしい。

直属上司の怒りにふれた原因は
「指示があるまで顧客とコンタクトをとるなと言ったにもかかわらず、昨日メールした。、命令無視だ」

部下が納得いかないのは
「コンタクトをとるなとはいわれたが、xxについては要確認といわれたのでコンタクトした。」
のに怒られた。命令無視ではない。

さらに1日後、
今後の対応を考えると新人くんは営業での経験値も低いため不安になり、
その気持ちを理解してもらいたかったのに、
火に油をそそぐかのように大火事になり、話し合いにならない。

そもそもの原因: 言った、言わない
これで揉めるのことは多いですね。
私も、家でよくあります(苦笑)

言ってしまったことを取り消すことはできません。
今後の対応について取り決めひとまず納得。

その後、本人と話しをしとくにしこりが残ることもないだろう。
と思えたけれど、実際、人の心なのでどうなのかちょっと不安です。

こういうことがあるたびに、
誰もが「自分は正しいことをした。私は悪くない」
ことを認めて欲しいんだなと感じる。

そしてひととおり、感情的になった理由や自分の思いを吐き出すと、
「それぞれの立場があるからね。理解してるし大丈夫だよ。俺は男だ」てなことを言うのがよくあるパターン。

かれの直属上司とも話しをし落ち着きを取りもどした。

その日はたまたま金曜日だったので週末はさんでちょうどよかった。

オーストリア人は、感情を表すことはNGではなく(負の感情は好まれはしないが)
机をどーんとたたいて大きな音をたてることも(10人に1人くらいですが)あります。かといって、1日中険悪かというとそうでもなく、ただまわりは嫌な空気になりますよね。
そういうのは、本人は気にしないようです。

裏でこそこそ愚痴をいってるよりは、何倍もいいと思う反面、
大きな怒声で静けさを好む人(私)は気持ちが乱されるなって思います。

何事も裏表があるのでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

プロフィール

あさこ

Author:あさこ
リンツ・オーストリア在住 +15年!!
10年前に感じた違和感が「普通」になってることも増えた。仕事では異文化の一言でかたずけたくない事もよくありますが、オーストリア人&日本人、習慣、食べ物、おみやげなどについて,リンツから配信しています。

リンツの週間天気予報