記事一覧

フードドライ機を買いました(オーストリア)

これは使えます!
要は乾物なので、保存食というイメージですが。
それだけではなく、すぐに使っても生素材とは食感や甘味がちがうので、
野菜や果物がちがった素材にうまれかわって、いろんなところで活躍してくれます。

保存食というより、とれたて野菜や果物など新鮮なものを、最適な状態で長持ちさせられるというのは私には最高です。冷凍、ジャムやコンポート、ピクルス、などの長期保存方法に加えて、シンプルに乾燥させられるなんてうれしい。

乾燥野菜・果物の栄養素について
減る栄養素:酸化や光によわい栄養素(ビタミンC,A, 葉酸など)
増える栄養素:ビタミンD、ナイアシン、カルシウム、鉄分、食物繊維

なるほど、ビタミンDと鉄分欠乏気味の私にはぴったりだということもわかりました。

特におススメは、大根。生大根にくらべて、食物繊維やカルシウムが10倍以上増加。
辛〜い オーストリアの大根活用におすすめです。


さて、、、、購入したのは、
WMFのフードドライヤー

Amazonで評価がたかく、
30度から70度までの温度調せつに24時間タイマーがついています。
お値段も86ユーロと、類似商品にくらべると最安ではありませんが、
なんといっても、WMFブランドは安定感があります。

ということで購入!

20180630204451bd3.jpeg

とりあえずうちにあったキュウリで・・・

20180630204637528.jpeg

70度 8時間で完成です。
うちではよく、キュウリの塩漬けをつくるのですが、乾燥キュウリをくわえると「キュウリのQちゃん」食感になり新鮮です。生姜をくわえて甘酢につければなおおいしそうです。

2018063020504332e.jpeg
" />

バナナもやってみましたが、こちらは売り物のようなカリカリにはなりませんでしたが、ちょっと半生な感じでくちさびしいときにちょうどいい感じで、これも気に入ってます。

今旬のトマト、季節のきのこ類もやってみたいと思います。

久しぶりに、私の中でヒットした家電でした(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

プロフィール

あさこ

Author:あさこ
リンツ・オーストリア在住 +15年!!
10年前に感じた違和感が「普通」になってることも増えた。仕事では異文化の一言でかたずけたくない事もよくありますが、オーストリア人&日本人、習慣、食べ物、おみやげなどについて,リンツから配信しています。

リンツの週間天気予報