記事一覧

包丁と陶芸

私も主人も包丁が大好きです。もちろん日本製の!

以前 ナイフ作り体験
Richard Kappeller, Messermacher
についてご紹介しましたが、
主人はすでに数回参加しており、
今年もグループで参加。

レベルアップした?自己満足度の高いナイフを作り上げてきました。

私にとって包丁は、
アクセサリーではなく実用性重視、たくさんあっても使えないと残念。
ハンターでもないので(笑)
こったグリップでもなくてもいいしとなにかとアクセサリー的なナイフに目的が見出せず
2度目以降は不参加。

さて主人ですが
1泊2日で完成させたナイフは、
ダマスカス肌の渋めなものに仕上がってます。
細部までこだわっていて毎回腕をあげているようです。

一番したのものが主人の作品で、手が大きいのでグリップが太めです。

20191110190701c38.jpeg

一方私はというと、陶芸を続けさせていただいていて、
菊練り&ロクロのコツが

すこーし

わかりつつあるところまで成長しました。
足掛け・・・3年かな?!

このオーストリアのリンツで日本人の先生に習えるなんて、
やっぱり超ラッキーでしたね。

これら素焼き前ですが、ここまでが長い道のりで、
およそ10時間かかっています。

釉薬をかけて完成する日が今からとても楽しみです。

201911101912449d5.jpeg

201911101907559c3.jpeg

何かの節目のお祝いに湯のみをプレゼントすると、
とても喜んでくださるのでうれしい。
(日本の湯のみ風なものは、ヨーロッパでは全く一般的ではないのでそれもまた個性的=日本的で喜ばれる理由かもしれません)

いつか自宅で電動ろくろを回せる日を夢見てがんばります。

継続は力なり!の巻でした(笑)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

プロフィール

あさこ

Author:あさこ
リンツ・オーストリア在住歴19年
以前感じた違和感が「普通」になってることも増えた。仕事では異文化の一言でかたずけたくない事に悩まされたり悩ましたり。オーストリア人&日本人、習慣、食べ物、おみやげなどについて発信中です。

リンツの週間天気予報